人気ブログランキング |
定例会:Vivienne Westwood展
いいお天気。極寒。
代官山でお買い物。久しぶりにゆっくり服を選びました。

お店が閉まり出した頃、六本木に移動。
森アーツセンターでヴィヴィアン展。もう最高です。カッコよすぎ。
本屋でカタログ見たときはあまり興奮しなかったけど、やっぱ生は違いますなー。惚れ惚れ。


e0033477_2422091.jpg
歴史などうんちくは他サイトで調べていただくとして...私の思い入れについて。
私がヴィヴィアンを好きになったのは高校2年生の頃。
それまで真似ばかりだった自分のファッションにこだわりが出て、服が好きなった頃。
雑誌のZippaerだったかなぁ...、ある号で釘付けになったページには
もう既にお年を召したその当時のヴィヴィアンのおケツ。
後ろだけ割れたスカートには老人とは思えないプリっとしたお尻と15cm以上のヒールから延びた足。
なんてかっこいいオバちゃんなんだ!ってヴィヴィアン本人に惚れたのがきっかけ。

その年、高崎のビブレの一階でずっと目をつけていたタバコケースをお年玉で手に入れたのが一品目。
今でも1番好きなブランドです。

そしてまだそのビブレの一階にあった頃、どうしても欲しかったナックルの指輪。
やっと自分のお金で堂々と買えるようになった頃には、有名人が身につけるようになり日比谷の直営店で一年待ち、ネット販売にも流出して興味も薄れてしまいました。
当時は身につけただけで強くなれるような気がして...
あれから何年も経ったけど、そういう気持ちになれる品ってなかなかないものです。

初期70年代のノスタルジアオブマッドの組み合わせ、ウィッチーズのスウェットスーツ、
90年代の黒に金でプリントされたドレス、00年の黒のシルクドレスに白皮を使ったサマータイムドレス...
あぁ着てみたい!!
あれだけセクシーなのに下品と感じないのが凄い。
股間に葉っぱはつけるわ。コルセットの乳首部分にでかいスパンコールつけるわ。
私が発案したらネタと思われること間違いなし。
物事に対しての真面目さはそういうところに出るんでしょうね。(本人もギャグのときもあるかもだけど笑)

学生時代ある種の女の子たちは必ず通るブランド。
店鋪にある洋服やロッキンホースにはあまり興味がないけど、ライターも携帯灰皿も手袋もキーケースも宝物。
今は自分で買うよりプレゼントでいただいた物の方が多いから♪
(ずっと使っていたタバコケースとハニーとの誓いのライターは去年失くしてしまい反省。)

70年代初期、セックス・ピストルズの衣装を手掛けるよりもっと前、
手作りを楽しんでいた様子が服たちにも溢れていて興奮。
「したいことは何でもできる。ただオリジナルを作ることは大変。私はそれを知って永遠にやれると思った」
少しおぼろ記憶ですが、言葉、展示品、空気全てにかなりの刺激を受けました。
あんな風に素敵な人になってみたいです。

場所: 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
2006年1月15日(日)まで開催されてます。興味のある方はぜひ!


e0033477_2412364.jpg
余韻の残ったままハニーと展望台のとなりのカフェでお茶。
夜景をみながら疲れをとる。
身になる一日が過ごせて満足でした。
by qp-dw | 2006-01-08 00:00 | 美術
<< Nikon D50 送別会とカフェオレ >>