紫陽花in三渓園
桜と同様、毎年気づくと時期が過ぎてしまう紫陽花。
まだ5月だというのに異様な暑さが続くことに恐れをなして、今年は早めに見に行ってみました。



場所は三渓園。紫の菖蒲が咲き誇る。



紫陽花、というより皐月祭りの時期だったらしい。やっぱりフライングだったか。



ちょっとかがんでワクワク進む。トトロもとい、タヌキと会ったよ。



どの角度からも見える旧燈明寺三重塔の麓。



眺めのよい南側に立つと、豊浦町の工場地帯の先に海が見える。



旧矢箆原家住宅。立派な藁葺き屋根だなぁ。元々白川郷にあった古民家と知って納得。



餅つきセット。いい味出してます。



旧東慶寺仏殿。重要文化財たちはそれぞれ出身地が違う。通る度、時代や土地を垣間みることができる。



苔で塗られたこの穴は誰のお家かな。



おやつも忘れずに。おでん+きな粉餅。



お目当てをいまだ見れず、「今日はロケハンってことで」なんて言って食ってたら、
待春軒の隣に小さく咲いてました。まだ生まれて間もない柔らかい紫陽花。



なかなか深い緑が見れて喜ぶ。



外苑を一通り廻って、臨春閣から内苑へ。奇麗にしてますね。



子供連れとカップルはカメの餌係に夢中。



レースをつけたピンクの萼はきっと女の子。



ここから見ていると自分が景色に溶け込んでしまった気がする。



池には睡蓮がびっしり。花が咲いたら再来したい。
夜には「蛍の夕べ」というイベントがあるらしく、また混雑してきた。
実家近辺の方が奇麗に違いないので、私たちは退館。暮れる前に、横浜へ戻る。
本牧から金沢に抜けるときよく近くを通っていたけど、ちゃんと見にきたのはこれが初めて。
沢山歩いて、のんびり日光浴。いいお散歩でした。(大きい写真はfotologueで>>
[PR]
by qp-dw | 2007-05-27 00:00 | 雑記
<< QUIP Design Wor... ワールドサバイバル >>