<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
THE30th 平出 豊 彫刻展
GW最終日より開催された「The30th平出豊彫刻展」。(更新遅くなりました!!)

初日の夕方よりオープニングパーティーがありました。
前の日にまたまた群馬まで直行してくれたハニーと出席。二人で花束贈呈なんかしちゃって恥ずかしかった〜。
ママンが作った沢山のお料理も大好評で、建築家さん、石彫さん、画家さん、彫刻家さん、沢山の作家さんとお話ができて楽しかったです。またシャンソン、サックスなど、即興でいただいた粋な演出もあったりと、とても素敵な時間でした。参加いただいた方々ありがとうございます!!


e0033477_12331949.jpg
「私たちもあんなパーティーが開けるような大人になりたいねぇ」(もう大人ですが…)なんて言いながら、仕事が控える明日のために関越を東へと向かったのでした。


e0033477_1231342.jpg
そして次の週末にはツレとナオちゃんと日帰りで画廊に。
ゆっくり作品を観れて満足。お茶も出していただいてつい居座り。
お客様にいただいた炭竹も早く使ってみたいな。
リボルノでのスープとソテーも美味しくて皆にも会えて大満足♪

個々に観にきてくださった09さん、yuroさん、Nag-mumさんもどうもありがとう。
父に代わって皆様には心より感謝申し上げます。

肝心の作品は天使のレリーフがとってもお気に入り。新しいクリスタルガラスのクールな作品に加え、
植物や生き物の彫刻たちにより息が吹き込まれたように感じました。
個展の様子もそのうち時間をとって更新したいと思います!
少々(かなり!?)お時間いただくかもしれませんが、乞うご期待☆
[PR]
by qp-dw | 2006-05-07 00:00 | 美術
麻苧の滝・霧積の山椒
GW中日。能登旅行後、渋滞45kmの関越で再び実家に帰ってました。

ある日、心地よい気候に誘われて、山椒を取りに3人でドライブ。
群馬の山と言えば妙義、榛名、赤城。実家から1番近いのは妙義山。その妙義にある丁須岩に家族で登ったことがあります。鎖のある本格山登りで爽快感と疲労感たっぷりの素敵な思い出。
今回はその麓から遊歩道で登れるところにある麻苧の滝へお散歩してきました。


e0033477_22304351.jpg
40mの断崖から麻の簾を垂らしたような飛瀑から「麻苧の滝」と名付けられているそう。
マイナスイオンたっぷり。
自然と呼吸がしやすく酸素を感じる。意識しないと感じない程度の水しぶきに目を閉じて深呼吸。


e0033477_22321945.jpg
ちょっとかいた汗が引いた後の風が心地よいこと。
今日も丁須を目指した人たちにすれ違う。山の中で自然と交わす挨拶って好きだ。


e0033477_2233854.jpg
人面岩らしい...


e0033477_2234472.jpg
続いて霧積方面へ。
これが山椒。(知ってるって!?)
私はこれの煮付けが大好き。ピリッと苦くてご飯にもビールにもよく合います。


e0033477_22353281.jpg
山桜が可愛い。


e0033477_22365128.jpg
木イチゴの花の向こうの空。


e0033477_22393863.jpg
霧積ダム。四季の色の面白さを教えてもらった。


e0033477_22401497.jpg
こんなに近くに見応えのある大自然があることに今更ながら幸せを感じる私。
色んな場所にドライブに行く度、地元をもっと知りたくなる。
こういう風な価値観を得られると歳をとるのも悪くないなぁと思ったりします。
身体も心も入れ代われた気がした大満足の一日でした。
[PR]
by qp-dw | 2006-05-05 00:00 | 旅行
金沢・能登半島ドライブ2/2
二日目。車を走らせて5分。ほとんど寝起きのまま朝市へ。
能登のおばあちゃんたちは働き者。ちょっと目が合うともう終わり笑
塩辛に干物、お土産袋を沢山抱えてご満悦。


e0033477_2254291.jpg
以外に市場で買い食いできるものがなかったので、近くの「こだわり食堂」で刺身定食!
お箸の持ち帰りができます。


e0033477_22554642.jpg
その後、輪島のもう一つの売り、輪島塗りを観に「石川県輪島漆芸美術館」へ。
江戸時代〜現代までの漆塗りの小皿や鉢、沢山の箱が俳句と共に展示。
あんなに細かい図柄どうやって描くのだろう。緊張してはみ出さないのかな?!
金砂塗の「絵替沈金小皿」、素敵でした。
タイやインド、以外にもロシアなんかの漆作品も見れて面白かったです。

そして市街を抜けて...これ何だと思いますか?


e0033477_22592052.jpg
なんと水芭蕉。ずーっと先まで見えるのです。
もちろん尾瀬には幼少時代に連れてってもらいましたが、こんなに野生っぽいのを見るのは初めてかも。
すれ違ったのも一夫婦のみで、とにかく静か。
鶯の声だけが響き、水だけでなく空気も透き通っていて、贅沢な散歩道でした。


e0033477_2302760.jpg
途中の段々の水田。綺麗だったなぁ。霧がなければ木々の途切れから見える眺めもよさそう。
道を教えてくれた軽トラのおじちゃんありがとう。


e0033477_23113740.jpg
そのまま下って海沿いを走る。曇り空で海も大しけ。
これぞ日本海どどーん!


e0033477_23122223.jpg
大河ドラマの撮影場所でも使われた実際に義経と弁慶が頼朝の追ってから逃れるために通った場所をいくつか。


e0033477_23145145.jpg
まず義経と弁慶が隠れていた洞窟からの視界。


e0033477_23204911.jpg
ここが義経が船を隠していた岩場。48隻も隠してたらしい


e0033477_2321488.jpg
かぶと岩。名の由来は石灰質砂岩の形が武者の兜に似ているから。


e0033477_23262550.jpg
それから総持寺へ。大きいのに綺麗にされていました
ちなみに鶴見にある寺の方が有名、歴史は石川県の方が古いらしい。知らなかった(-.-;)


e0033477_23272252.jpg
能登島へは本日975人目で橋を潜った。
既に暗くなり始めた島。寝静まったようで沖縄の北端の時のように少しビビり気味でとりあえず一周。

時間も押して金沢に着いた頃はすっかり真っ暗。市街で富山湾でとれる梅貝やら甘海老を堪能。


e0033477_23505736.jpg
夜9時旅の終わりを待ち兼ねてたかのように大粒の雨が…
前もよく見えない暴風雨の中、北陸道に乗り、石川県を出発。
北陸道→上信越道→中央道→相模湖ICにて帰路に着く。途中爆睡した諏訪湖PAにて。


e0033477_23343018.jpg
その距離合計1,200キロ、1泊2.5日、ガソリン満タン3回分。高速代行き7,200円+帰り9,550円。
予想どおり能登半島は素敵な所でとても気に入りました!!
近々今回周りきれなかった金沢市街をメインに和紙を見たりお茶タイムを楽しみたい。
和倉温泉や五箇山にも足を伸ばせたらなーと思います。

ちなみに1つ前の記事に載せた「岩の断面」について父上に教えをいただきました。ありがとう!
「柱状節理」と言ってマグマが冷えて固まる時の一つのパターンで凄く深い所では深成岩(御影石など)、
浅い処で安山岩です。スペクタルな美しい岩盤なんだって♪マグマだったのかぁ〜。
写真ではわかりづらいけど結構一つの破片!?が黒くて細長かったものの集合体って感じでした。
プライベート用のカメラでは岩の前で元気玉ポーズをしておいたよ笑

さて次は何を見に行こうかな♪日本周遊の野望は果てなく続く。
[PR]
by qp-dw | 2006-05-01 00:00 | 旅行