<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Y/H Special Web Site公開!
すっかり春ですね。日村の顔に可愛ささえ覚える自分に気づいた今日この頃。(慣れってすごいです)
ちんたらタイ旅記を書いてたらまたリアルより1ヶ月遅れに。ま、毎度のことなので本題に戻ります。
...
というわけで、
平出 豊氏のスペシャルサイトがローンチしました!
-----------------------------------------------------------
::: 彫刻家 平出豊 Special Web Site/Exhibition1970-2006 :::
http://www.hiraide.info/special/
-----------------------------------------------------------
(Adobe Flash Playerのダウンロードはこちらから)

デザイン・撮影担当:私、インタラクション担当:ツレでございます。

e0033477_310960.jpg
彫刻作品は生で触れ合ってこそ、
作品を鑑賞する方各々の感性が交わることで新たな息吹が吹き込まれ、
様々な表情を見せるものであり、
その迫力や魂をブラウン管やモニターを通して伝えることは、
ほぼ不可能に近いと結論を出した私たち。
そこで必要だったのは作品より主張せず、無駄な遊びを入れないシンプルなもの。
作者が語る思いや、作品を取り囲む空気を、少しでも伝えられたたらいいなぁと思いながら作りました。

今後も展覧会があるごとに、こちらにて随時作品の写真や会場風景を更新していく予定です。
ほんの小さなきっかけとして彫刻や絵画を近く感じることができれば嬉しく思います。

...とごちゃごちゃ書いてしまいましたが、どうぞ、単純に作品をご高覧ください!!

併せてトップページの方もリニューアルしております。今後ともご愛顧の程よろしくお願いいたします。
彫刻家 平出豊のアートの世界 | http://www.hiraide.info/

最後に、撮影にご協力いただきました
高崎市美術館様並びに、ギャラリーART G様、ギャラリー君香堂様に心より御礼を申し上げます。
[PR]
by qp-dw | 2007-02-18 00:00 | デザイン
タイ旅記-Siam,etc・帰国
唯一予約していた水上マーケットは、へたくそな英語のメモをフロントに預けブッチ。
それまでのように朝ご飯をたんまりおかわりして、サイアム駅周辺を散策。


e0033477_17212041.jpg
噴水前でポージングを何度も決めて記念撮影するイタリア人がツボでした。(そのマネ↓)


e0033477_17213598.jpg
ホテルのプールで一人カンフーをして飛び込みしてた兄ちゃんもおかしかったし。
旅にくると皆ハイテンションなのが微笑ましいね。


e0033477_1721468.jpg
タイブランドのお洒落ショップもなかなか。いかがでしょう、まきうんこハット。


e0033477_1721591.jpg
時の流れが優しくなってきたような午後には、チャオプラヤ川岸でまったりのんびーり。


e0033477_17221324.jpg
カップル、家族、騒ぐ友達同士、一人旅の人も。
色んな国の人がそれぞれドラマをの一欠片を作って通り過ぎていく。


e0033477_17222370.jpg
(金ピカ寺院に興味を持てない私たちが)バンコクで唯一惹かれた暁の寺、ワットアルン。


e0033477_17223449.jpg
旅行客に人気の猫ちゃん。


e0033477_1853086.jpg
店の床穴から魚を釣るおばちゃん、看板ガールも可愛かった。(撮影:ハニー)


e0033477_17224691.jpg
切り取ったような時の中に身を委ねて。


e0033477_17225947.jpg
キラキラ、キラキラ。ゆっくりと輝きを放つ水面。


e0033477_1723999.jpg
黄昏時。


e0033477_17232249.jpg
簾が揺れるたび、光と陰が混じり合う。


e0033477_17233675.jpg
低い雲に燃え落ちていく太陽。


e0033477_17365486.jpg
鈍い色の空に走った飛行機雲。


e0033477_1737834.jpg
すっかり暗くなり、スクンヴィット通りへ。運転にはそこそこ自信あるけどタイで行うことはあるまい。


e0033477_17372971.jpg
ハーブアジアンアソシエイツでマッサージ。


e0033477_1873144.jpg
オイルとハーバルボール。1時間半長げぇな、とか思ってたけど半日でもいいくらい気持ちよかった。
ぱいおつを揉まれまくりツレがギョッとしてました。


e0033477_1740714.jpg
チットロムまでのタクシー。ナイトマーケットへ。


e0033477_17402377.jpg
観覧車の回転速度早っ。無駄に3回転も乗車できるらしい。ムーディーを求めるカップルには向きません。


e0033477_17403759.jpg
そんなこんなで4泊5日のタイランド。のんびりしつつも内容の濃い、とてもいい時間が過ごせました。


e0033477_187532.jpg
タイは思ったより湿気があって決して気持ちのよい暑さではなかったはずなのに、
すごく風を感じた旅だった。それ自体になり得ることのできる心地のよい風。
いつか機会があったらプーケットまで国鉄で行こう。頭をからっぽにして。何も目的のないまま。
風になりに、またあの列車に乗りたい。(色んな意味で「ぢ」になりそうだが)


e0033477_17405195.jpg
これは帰りの機内で爆睡する2人を置き去りにして一人夢中になった空。
すごく深い青に浮くきめの細かい雲の合間に、ときどきかすかに地上が見える。

鮮やかな色と煙っぽい匂いと不思議な風に包まれた国。
沢山のむじゃきな笑顔と、様々な土地の人たちに出逢える国。
一緒にはしゃいだ相棒2人にありがとうって思いながら、カメラを置いて私もそおっと目を閉じた。

fotologueの残りの写真は来月更新しまーす。
[PR]
by qp-dw | 2007-02-13 00:00 | 旅行
タイ旅記-Ayutthaya1
アユタヤ。初といえどお高いプランもガイドさんも必要ありません。
少々の段取りの悪さは気にしない。待ち時間も楽しめちゃうから。
謎のマッカサンからファランポーン駅に出て、国鉄チケットをとって...
ゆっくり風に吹かれながら国鉄でガタンゴトン。おでんお丼。(ラーメンズ引用)
ほんっとに楽しかった!!
[ 大きい写真はfotologueで >> ]


e0033477_23461513.jpg
地図&路線図と格闘中。


e0033477_23463978.jpg
列車内の扇風機。


e0033477_23465080.jpg
ちびバナナー。


e0033477_2347130.jpg
ファランポーン駅到着。


e0033477_23471221.jpg
思わず電車小僧に。


e0033477_23472442.jpg
沢山の人が乗車待ち。吹き抜けてて体育館みたい。


e0033477_23473513.jpg
しゅっぱーつ。


e0033477_23522387.jpg
皆の髪がそよそよ揺れたり、外の景色をぼーっと見ているだけで気持ちがいい。


e0033477_23523413.jpg
昭和のにおいがする乗車口とか、車掌さんの切符きりとか。
(BTSや地下鉄は近代化していたけど国鉄は趣きがあってほんとによかった)


e0033477_2352478.jpg
駅でお昼寝する、というかほぼくたばっていたワンちゃん。民家の何気ない生活。
世界の車窓からがつづく。


e0033477_23552866.jpg
器用な車内販売員さん。


e0033477_23554199.jpg
発車前にけたたましく鳴るベル。


e0033477_23555425.jpg
かつては注目を浴びたであろう廃列車。その後ろには昨日行ったチャトチャックが過ぎていく。


e0033477_2358235.jpg
水浴び。気持ち良さそ~!


e0033477_23581461.jpg
可愛いロゴの駅名看板。


e0033477_23582558.jpg
水の上のお家たち。


e0033477_00913.jpg
少しずつ風景が田舎になっていきます。


e0033477_003425.jpg
お散歩。


e0033477_011351.jpg
現地についてレンタサイクル。かっこいい女店主が丁寧に道順を教えてくれた。
まずはビールで乾杯。カルチャーショックなトイレにも慣れ、優雅に一服。
LEOビールかなりお気に入り!すっごくウマい!


e0033477_023656.jpg
まず川を渡ります。色んな船が行き交う。


e0033477_025817.jpg
すれ違っていった男前なお兄さん。


e0033477_031557.jpg
船に乗せたチャリを軽々と片手で運んでくれたおじさまの見事な背筋。


e0033477_0212611.jpg
1輪のバラで彼女に愛をささやく学生。映画撮影ですか!?熱すぎます☆


e0033477_0214267.jpg
ハニー1台、ツレの1台のケツに私が乗り、軽快に世界遺産を廻る。早い、早い!


e0033477_022095.jpg
ラピュタ城みたいだ。ワット・プラ・マハタート。


e0033477_0221737.jpg
煉瓦に惚れ惚れ。


e0033477_0234831.jpg
小鳥の声が遺跡を包む。


e0033477_0253056.jpg
淡い水色の空に黄色の服がとっても映えてますよ。


e0033477_0255516.jpg
太い幹に守られているお顔。


e0033477_0274139.jpg
象さんにも乗る。


e0033477_028010.jpg
象使いのおじさんが歌ってくれて、わたしたちも陽気に合唱。


e0033477_026838.jpg
象の目。見つめていたら色々考えてしまった。ただ願うことしかしない私はずるい。


e0033477_0295352.jpg
子象だぞう。


e0033477_030847.jpg
象乗り場まで運んでくれたおばちゃんのたくましい足。その3輪車にはかっこいいエンブレム。


e0033477_0302190.jpg
戻りの自転車に捕まって横を走っていた笑顔のステキな男の子。
[PR]
by qp-dw | 2007-02-12 00:00 | 旅行
タイ旅記-Ayutthaya2→Silom
続いてウィハーン・プラ・モンコン・ボピット。大きなお堂。
[ 大きい写真はfotologueで >> ]


e0033477_202384.jpg
時が止まったような広い庭で、心地よい風を感じる。


e0033477_20245153.jpg
中にはゴールドに修復された大きな仏像がいました。


e0033477_203920.jpg
次のステージを覗くと、


e0033477_205642.jpg
3つの仏塔がシンボルのワット・プラシーサンペット。


e0033477_211182.jpg
ビルマ戦争の形跡が残り、建物は所々崩れたまま。
修復することと自然のままにしてあげること、作った人はどちらが幸せだろう。
きっとそっとしておいてほしい。でも残してあげたいって気持ちはもっと嬉しい。


e0033477_23871.jpg
陰が延びてきました。


e0033477_222836.jpg
タイといえばロータス。


e0033477_232856.jpg
いい表情です。ワット・ロカヤスタ。


e0033477_1929371.jpg
ここの露店にはニセ宮迫が。


e0033477_24109.jpg
この写真かなりお気に入り。仲良しっぽいところが、ずっこけ3人組を思い出しました。


e0033477_243024.jpg
夕暮れのアユタヤも幻想的。


e0033477_1845841.jpg
バンコク行き最終列車到着。スタンドバイミーができます。


e0033477_245448.jpg
おつかれ乾杯。汗にちょうどいい風。


e0033477_1931543.jpg
時変わり、ここはバンコク、シーロム通り。


e0033477_19335128.jpg
サフランでお食事。みんなこ汚かったけど、とりあえずドレスコードクリア。
この旅一番の贅沢ご飯。ラウンジの音もナイスジョブ。


e0033477_251579.jpg
乾杯。何度目だ?


e0033477_1933828.jpg
ロブスターにトムヤンクン...久々に飲んだグラスホッパーも美味しかった。デザートのレモンアイスは絶品。


e0033477_253062.jpg
夜景が奇麗でした。
[PR]
by qp-dw | 2007-02-12 00:00 | 旅行
タイ旅記-出発・chatuchak
つるんで6年ほど、ツレとハニーと私の3人全員が初めて共通でとれた5日間のお休みはタイ渡航に決定。
この季節に雪山以外で気ままな長距離車旅行は就寝時厳しいだろうと(事前にホテルとれよって話!?)。
気づけば私の海外デビューだったりしたわけで。
旅の思い出を「水曜どうでしょう」風に動画編集して余韻を楽しんだり。
モロ顔出しなので公開できず残念。見てるだけでリアルな旅の様子が蘇る。
しかし我ながらアドリブの悪さにはがっかり。笑 あと自分の声って何度聞いてもキモいです。。

というわけでここでは代わりにフォトログを。定番のタイだけど、私目線の興奮を伝えられたらいいなー。
でかい写真はfotologueで見てね。)


e0033477_18393513.jpg
なんか急いでいるようです。(他人事...)


e0033477_18401371.jpg
どうやら飛行機に乗り遅れるようです。(というかツレ髪切ってください...)


e0033477_184042100.jpg
香港経由。


e0033477_1841952.jpg
バンコクホテルにて。ipodとスピーカー大活躍。


e0033477_18414248.jpg
地下鉄でチャトチャック駅まで。


e0033477_1843246.jpg
チャトチャック公園。戦うちびメンズ。


e0033477_18474331.jpg
現地は乾季、真夏の気温。


e0033477_18482958.jpg
アメ横か?(関西方面出身のツレは「アメ村か?」といっていた)


e0033477_18503991.jpg
ウィークエンドマーケット。商売の活気のせいか、濃い人が多いせいか、人なつこいせいか。大阪みたいだ。


e0033477_18522845.jpg
女の子なら熱中するビーズ集め。


e0033477_18531975.jpg
果物もボリューム大。(あたると脅されたので一切手をつけれず)イチゴ摘みならぬイチゴ積み。


e0033477_1854156.jpg
本日のベストカップル賞!(カップルではないらしいが)


e0033477_18545798.jpg
ビビットな街並みが何を見ても楽しい。


e0033477_18553858.jpg
連日快晴だったけど、空の色は薄い。水を多めに入れたシアンに少しグレーを混ぜたような色。


e0033477_19284147.jpg
ビールは大事な水分補給!昼間から飲む、なんとも贅沢な時間。
そしてオレンジジュースがなぜあんなに濃ゆいのか。緑茶が午後ティーなのか。


e0033477_18575339.jpg
何でも売ってます。


e0033477_18585176.jpg
お買い物したり。


e0033477_18565592.jpg
戻って公園で一休みしたり。うーんピースフル!


e0033477_18594755.jpg
夕日が落ちる前、太陽が色をより濃く写し出す。


e0033477_1914795.jpg
必殺4人乗り!仲良し家族。


e0033477_1923020.jpg
夕暮れの空の色。


e0033477_1932054.jpg
暮れた公園。蝸がいっぱい。(ちなみに私はなぜか蝸にさされません)


e0033477_1965050.jpg
夜はホテルでフットマッサージ。


e0033477_1937228.jpg
たとえ商売のためでも、それまで出会ったことのない他人がその場にきている人たちの楽しい空気を
汚さないために、暖かくするために、思いやってくれる笑顔がとても好きだ。
山の中で挨拶する人たち、下関の唐戸、新潟の柏崎、能登の輪島、清水の河岸、心斎橋、築地...
タイの人たちも、みんなステキな笑顔。
みんながそうやって常に思いやって暮らしたら、もっと優しい世界になるんじゃないか、なんて夢を見るとき。
[PR]
by qp-dw | 2007-02-11 00:00 | 旅行
AF Nikkor 20mm F2.8D
武器が一つ増えました。
Ai AF Nikkor 20mm F2.8D
超広角レンズ。
デジタルにつけるとちょうど広角くらい。非常に明るい。
接写レンズと併せてよく働いてくれます。ラブ☆
(フィッシュアイはかっこいいけど目に写るものと離れちゃうからね。色んな意味で余裕出してから)


e0033477_362698.jpg
というわけでこれは東名。綾瀬バス停付近。(いつもラジオで渋滞情報の流れるアソコです)


e0033477_351299.jpg
これは神羅カンパニーの高炉!というのは冗談に決まってますが...(FFはやっぱり7が最高!)
浮島IC付近から見た川崎の工場地帯。


e0033477_352729.jpg
今度は明るいところでの活躍を乞うご期待。

あ、それと業務連絡。なんだか会社が引越しました。銀座に加え、汐留にいる人、きた人も昼飯いきましょう。
[PR]
by qp-dw | 2007-02-03 00:00 | デザイン